短小は生まれながらのものでペニス増大サプリに頼ることにした

ちんこが小さいことで、悩んでいる男性は思春期の中学生の頃から段々と多くなってきます。
でも、両親からせっかくもらった体ですから、自分の体を嫌いになるのはよくないことですね。
「男の価値とは、ペニスの大きさではないのか」と自問自答することで心の中のうやむやを晴らすことも時には大切です。たかが、ちんこが小さい、たかがペニスが小さいくらいのことで悩むことは、世界遺産に登録された富士山の頂上に登ればなんでもないように思えてきますよ。
実は、富士山に登ったことなないのですが(笑)
表現を変えてもう一度書き直すと、鹿児島県の屋久島の縄文杉に登れば全くたいしたことではないと感じます。
まあ、大きさは人それぞれの個性ですから人と比べる意味はないのでしょうけど、大浴場に入ると嫌でも他人のちんこの大きさを見てしまうんですね。これが・・・。
学生は勉強さえすればいいと思いがちなのですが、下半身の悩みが気になって勉強どころではないですね。
たかが、ちいこ。されどペニス。10代の男にとって初めて真剣に自分の体のことで思いつめる部分かもしれませんね。
中年になると、妻とのセックスもマンネリ化してしまってちんこが立たないことがよくあります。
それは、どの夫婦間でもありがちなことなのですけど、ことさら30代後半からは顕著になってきます。
そんな時は、いつもとは違うパターンの雰囲気作りをしたら興奮が高まっていい結果を生むことがあります。
例えば、妻がセクシーなナースのコスチュームを着てプレイをしたりすると男性の脳が刺激されて
興奮が高まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>